様々な人材を京都大学大学院では受け入れています。積極的に理系出身の学生や社会人、また外国人留学生も受け入れ、コミュニケーションを立場の異なる人同士で取りながら実論理的思考力の向上や践的知識の修得を目指していきます。

 

現代におけるビジネスは、一昔前と比べてマネジメント諸課題が複雑になってきています。法改正が数年前行われ、MBAを取得するためにはそれまで主に海外へ留学をしてビジネススクールに通う必要がありましたが、続々とMBAホルダーを目指すビジネススクールが国内でも増えてきています。キャリアアップはもちろん、本場アメリカでは企業の幹部になるためのパスポートとも言われるほど重宝されており、日本国内でもMBAホルダーがグローバル社会となった現在、重要視されています。

 

海外留学をして現在でもMBAを取得される方は多いです。長期間の滞在が当然必要となりますので英語力を必然的に身に付けることができ、また国際交流も深めることが出来るため、海外のビジネススクールをあえて選ぶ方がいます。しかしデメリットも海外留学にはあり、それが費用の問題です。1000万円以上は少なくとも必要ですので、そう簡単に企業派遣で無い限り捻出出来る金額ではありません。また企業に今現在就職をしている方は、休職をするか、または辞める必要があります。

 

働きながらどうせならMBAを取得したいものです。そこで平日の夜や、土日に京都大学大学院では授業が行われますので、MBA取得を働きながら目指すことが出来ます。冒頭で書かせていただきましたが、積極的に外国人留学生も受け入れてしますので、国際交流を国内にいながら深めることが出来ます。体系的にビジネスにおけるマネジメントを学んでいくことになりますが、お互いに意見をぶつけ合うことが出来る生徒同士のディスカッションやコミュニケーションをとる時間も多いので、新しい刺激になることでしょう。MBAホルダーを京都大学大学院で目指していきませんか?