そこまで大きな存在にコレまで日本を前提とした場合のMBAホルダーはなることはありませんでした。
数が増加しただけでなく、日本のMBAプログラムは質の面も向上をしています。
アメリカではすでに広く浸透していましたが、内部登用によって年功序列で日本では経営者が選ばれるのが習慣のため、MBAホルダーは社外で育成をされているので登用をするのは少ない傾向にありました。
しかし、日本におけるビジネススタイルがバブル崩壊後大きく変動をし、続々と世界進出する企業が現れてきたのです。
実践水準の向上を挙げてるところが新規参入の大学院ではほとんどであり、実践志向のカリキュラムに既存の大学院でも改編されてきてます。

 

経営に関する多岐に渡った知識、またマネジメントスキルをこのような中、取得をする事の出来るMBAプログラムが一躍注目をされ始めたのです。
企業がこのようにグローバル化する事によって、社内で育てられた人員だけでは規制が緩和をされる事になり、世界に太刀打ちすることができなくなってしまったのです。更に経営の戦略を短期で意思決定するスキルが求められるようになりました。
MBAを取得するためにコレまで数年の海外留学が標準的でした。
企業派遣は当然のことですが、私費を使って他にも海外留学のために休職しなければならないケースもあって、MBAを海外で取得する人が減少してきています。そこで国内MBAを目指す学生が近頃では急増し、国内のビジネススクールの数もそれに伴いいっきに増加してきていて、全国の各地でMBAプログラムを現在では受けることができるようになりました。

 

良い意味で各ビジネススクールが国内MBAが注目され始めてからというもの競争し合い、その結果国内MBAの質を向上させている要因になっています。海外留学が一昔前までは当たり前だったのが、国内でもこのように質の高い実践的な教育を受けることが出来るようになってきたのも、これら国内MBAが注目されている一つの要因です。企業に関してももちろんそれと比例して、MBAホルダーを求める声が増えてきています。