要求される独自の要件がそんなビジネススクールの教壇に立つためにはあります。もちろん経営における体系的専門的知識は当然の事ですが、豊富な実務経験も他にも要求されます。
「ケースメソッド」や「プロジェクト研究」が大多数のビジネススクールでは採用をされていて、プログラムがより実践に近い志向で進められていきます。たとえば学生ならどのようにして実在する企業の経営課題をその状況を分析し、戦略をしていくのかの仮説を立てながら授業に参加します。
日本の大学みたいにこうした授業スタイルとは異なり、教員の話を聞きつつ進めていく「レクチャー形式」があります。
いくつかの種類がMBAの授業スタイルにはあります。
在籍してる教員の80%が実務家というビジネススクールも中にはありますので、教員の特色も事前に把握をしておく事が大事です。

 

「情報分析力」「問題解決力」をこれによって身につけていきます。
同じ学生同士が各自の分析や戦略をこの授業では、ぶつけ合い議論します。
このレクチャー方式を特段アカデミック色の強い大学院では採用をしているケースが多くあります。
また学生の議論をコントロールし、ケースメソッドでは要点を理解させる能力が必要です。つまりビジネス経験を豊富に持ってる必要が大学院の教員で見られる研究家教員だけではなくあります。けれど、実務経験のある教員は国内では全体の50%程度とされてます。

 

そして、海外MBAの場合は学生についてですが20代後半が多く、30代が国内MBAは中心となっています。大学を卒業し、2〜3年程度実務経験を積んだ後、海外ではビジネススクールへ通う傾向がありますが、10年程度の実務経験者が国内では多くなっています。そのため、国内では海外と比較をして30代が多い傾向にあるのです。また、各ビジネススクールによって育てたい人材の像は特徴が異なりますので、ビジネススクール選びの際にどのような人材を育てているのかを比較をする必要があります。