企業派遣で無い限りは海外留学をする場合、一度休職をしたり、またMBAをとるためのプログラムを仕事を辞めて受ける必要がありますが、仕事を続けながら国内パートタイムをえらぶ事によって、MBAプログラムを受ける事ができるという大きなメリットがあります。
最もこれら形態の中で高額費用となるのが国外フルタイムデス。
従来からの「海外フルタイム」、そして同様の教育を日本国内で受けることの出来る「国内フルタイム」、土日や夜間に仕事を続けながら通う「国内パートタイム」、さらにインターネットや通信などを自宅に居つつ利用する「通信教育」といったでかく分けますと4つの選択肢があります。
いくつかのMBAプログラムの形態からMBA取得を目指してる人がふえてきてる現在、選択することができるようになりました。
国内フルタイムでしたら、それに比べて120〜400万円程度になりますので、大きく経済的負担を和らげることが出来ます。
1〜2年海外にて留学をすることになって、大きく学校によりことなりますが、700〜2000万円程度概ね必要です。
「受講形態」「履修期間」「学費」「言語」がそれぞれ異なっていますが、取得できる最終的な学位はすべて「MBA」になります。ですから、どの形態でMBAプログラムを受けるのかをご自分の生活様式とか生活環境などを考慮した上で、入念に検討をする必要があります。
国内パートタイムに実際に特定の社員に対して通わせてる企業も多くあります。

 

また場合により国内パートタイムはフルタイムより高額になる事もありますが、比較的130〜340万円程度と費用を抑える事ができます。因みに、100〜300万円程度と通信教育の時は最も安くMBAプログラムを受ける事ができるようになってます。

 

全てのプログラムは国内の場合、日本語で行われていますが、主に海外では英語が使われます。ビジネスを世界規模で展開していくためには英語がどうしても必要となることから、英語をMBAと同時に修得したい場合には、海外フルタイムを選ぶと良いでしょう。